プロプレイヤー紹介

【Lew Soloff】著名なバンドでリードトランペットとして大活躍! ジャズ史に残るトッププレイヤー

著名なバンドでリードトランペットとして大活躍! ジャズ史に残るトッププレイヤー

今回は、Lew Soloff(ルー・ソロフ)さんを紹介します。 1944年、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身。 イーストマン音楽学校とジュリアード音楽院でトランペットを学んだ後、Jazz-rock音楽のグループ、Blood, Sweat & Tearsで活動していました。

その後、Gil Evans’ Monday Night Orchestraでサブリーダーとして活躍。著名なManhattan Jazz QuintetやMingus Big Bandといったバンドで長年メンバーとして活動し、名演を残してきました。

リードトランペットを担いながら激アツなアドリブソロもとるというものすごい技術を持ったプレイヤーで、バロック、クラシック、そしてその後のオーケストラや室内楽のスタイルを演奏することができる数少ないトランペット奏者の1人であり、CMやサウンドトラックの需要の高いセッションプレーヤーでもありました。

そんなSoloffさんの名演奏を紹介していきます!

Lew Soloff(ルー・ソロフ)さんの名演奏

Solo on Song with Orange

最初はこちら! Mingus Big Band時代のSong with Orangeという楽曲内のトランペットセクションのバトルソロです!

Alex Sipiagin(アレックス・シピアギン)さんから始まる激アツのソロバトルで自然と体が動き出してしまうくらい心躍る名演です! とんでもなくかっこ良い…

Take The ‘A’ Train

(YouTube Premiumじゃないとみれないかも)

次に紹介するのがこちら! the Lincoln Center Jazz OrchestraでのTake The ‘A’ Trainでのソロです。 同じバンドで現在リードを務めているRyan Kisor(ライアン・カイザー)さんのソロもかっこ良いのですが、プランジャーを使った表情の付け方からハイノートの力強さなど、Soloffさんらしい名演奏担っています!

Manhattan Jazz QuintetでのTake The ‘A’ Trainも紹介しておきます! こちらも激アツです!!!

Lew Soloff(ルー・ソロフ)さんの動画保管庫

トラ道へのお問い合わせはこちら
公式LINEはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

✉️メールでのお問い合わせはこちらから

こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です