プロプレイヤー紹介

ダーク、暖かい音色のトランペッター5選!

豊かで多様性に満ちあふれた、音色の世界

こんにちは! けんちゃんです。

今回は、ダーク、暖かい音色のトランペッター5選を書いていきます!

前回、トランペットといえば!という代名詞のハイノート編を書きました。

今回は、それとは別方向の魅力。

ダーク、暖かい音でジャズを連想させるような音色の魅力、素晴らしさを伝えていきたいと考えています。 私はこの系統の音が大好きで、このトラ道はその系統のプレイヤーを多数紹介しています。 (偏り過ぎている気もしています笑)

私がとにかく紹介したい、5名を選んだのでその素晴らしい演奏を是非お楽しみください!

Ingrid Jensen

最初に紹介したいのは、Ingrid Jensenです! このトラ道で最初に紹介記事を書きました。

トランペットという楽器の可能性、その奥深さを自分に教えてくれた素晴らしいプレイヤーです。

豊かで暖かく音色。 縦横無尽に高音から中低音まで全ての音が魅力的。 ダークな響きと暖かい音。 音色とニュアンスでトランペットはここまで表現の幅を広げられるのか!と驚くはずです。

3つ動画を紹介します。 1つめは、彼女が作曲したAt SeaのSolo。 2つめは、Maria Schneider Orchestra, Hang GlidingでのFlugelhornでのSolo。 そして3つめが、Darcy James Argue’s Secret Society, TransitでのSolo。

全て何度聴いても感動的な演奏です。 是非聴いてみてください!

Ambrose Akinmusire

次に紹介するのは、Ambrose Akinmusireです。 彼を知ったきっかけは、以下の動画でした。

動画を見ながら聴いていたわけではないのですが、その音に一発で心を掴まれ、ファンになりました笑

透き通るようで、暖かい。 ひたすらにその音色に向き合い磨いてきたのだろうと思わされる、惹きつけられる響き。 ダークな音の究極の姿は、彼の音色なのかもしれません。

全てが心地よすぎる。 聴けば聴くほど、のめり込んでしまう音色です。

彼の音色を存分に味わえるのが、以下の楽曲です! Reset。 一つずつ紡ぎ出されていく静かな空気感が、とてもくせになるとても美しい楽曲です。

トランペットという同じ楽器をやっていて、こんな音も生み出せるのか!という気づきと、可能性を感じることができて大好きな音楽です。

最後に紹介するのは、ライブでの演奏。 Father And Sun。

動画もモノクロで、まさにダーク。 ぶれない芯のある音で存在感のある音で、一つ一つの音を紡ぎ出している、ものすごくかっこいい演奏です!

Theo Croker

次に紹介するのが、Theo Crokerです。

繊細さと力強さ。 ダークな音、暖かい音とはこれだ!というような響きで魅了してくれる素晴らしいプレイヤーです。

出会ったきっかけは、Roy Hargroveの名曲、Roy Allenを演奏している動画と出会ったことです。

フレーズ一つ一つを紡いでいく音の粒が柔らかく、それでいて音を前に進める存在感がある演奏。 ダークな響きでありつつも、芯を持った力強さも感じられる熱演です。

次に紹介したいのが、Naimaです。

ジャズ・スタンダードの名曲の1つであるこの曲。 彼の音色の素晴らしさ、ここちよいフレージングと歌心を存分に楽しむことができる名演奏です!

Alex Sipiagin

次に紹介するのは、Alex Sipiaginです。

ダークな響きと合わせてとても都会的な響きのある音色で魅了してくれる素晴らしいプレイヤーです!

最初聴いた時、ものすごく特徴的で耳に残る音色だなと思っていました。 合わせて、超絶技巧あふれるフレージング! 音色・ニュアンス共に圧倒される演奏を沢山しています。

彼の演奏は、唯一無二なプレイだなと感じさせれるとても魅力的なものばかりです。

彼の演奏で紹介したい動画が3つ!

1つめは、私が一番大好きな演奏でNext Stop – Tsukiji。 彼の演奏力が一番実感できる、圧倒される熱演になっています!

2つめは、若き日のDave Holland Big BandでのSolo。 素晴らしい音色と存在感のあるフレージング! 何度聴いても、耳に残る心地よさ。素晴らしい!!!

3つめは、Bucharest Jazz Orchestraでフィーチャーされた最近の彼のプレイを楽しめる演奏です! Fast Swingの圧巻の名演と、フリューゲルでの暖かく染み渡る響きを楽しむことができます。

Verneri Pohjola

最後に紹介するのが、Verneri Pohjolaです。

今回のテーマである、ダークな音、暖かい音という点で随一の音色を持っている素晴らしいプレイヤーです。

暖かく力強いトランペットの音。 その音で魅せてくるプレイは私が大好きなもので、たまたま彼の演奏に出会えたときは、本当に感動し嬉しかったです!

とにかく引き込まれる音の波。

静かな響きの中で、暖かく包み込まれるような音色。 とにかく、以下の2つの楽曲を聴いてみて欲しいです。 彼の音色にひきこまれる人は、一気に度肝を抜かれるでしょう。

多様な音色で魅せてくれる、トランペットという楽器の魅力

今回は、ダーク、暖かい音色のトランペッター5選を書きました!

いかがだったでしょうか?

是非、それぞれのプレイヤーの音を聴いてみて、好みだなという方向性を見つけたら今回知ったプレイヤー名を軸にして、どんどん好みの世界を広げて行ってみてください!

改めて自分の好きなプレイヤーと音色を聴き直していくうちに、やっぱりトランペットという楽器の面白さ、もっている魅力は偉大だなと改めて感じました!

今後も、魅力に出会うきっかけとなる情報発信をできるようにまとめていきたいと思います。

ありがとうございました!

トラ道へのお問い合わせはこちら
公式LINEはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

✉️メールでのお問い合わせはこちらから

こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です