プロプレイヤー紹介

【Frank Greene】数々の有名バンドでリードトランペットとして名を知らしめたスーパープレイヤー

数々の有名バンドでリードトランペットとして名を知らしめたスーパープレイヤー

こんにちは。 けんちゃんです。

今回は、Frank Greene(フランク・グリーン)さんを紹介します。

ハイノートを駆使したリードプレイで一番印象に残っている方で、改めて紹介するに当たって動画を見直しましたが、やっぱり最高のプレイを魅せる素晴らしい方でした!

元気が出るハイノートを聴きたい方は是非、これから紹介する動画を見てみてください!

Frank Greeneのプロフィール

簡単にプロフィールをまとめますと、

・1963年4月21日、アメリカ合衆国メリーランド州フォートに生まれました。
・カリフォルニア州サンノゼのAlum Rock Jazz Bandのリードトランペットで活躍し、その後有名なOne O’Clock Lab bandのリードトランペットとして活動し、その名を広めました。
・Maynard Ferguson, Christian McBride, Frank Foster, Frank Wess, Bob Mintzerといった著名なプレイヤーのバンドでリードトランペットとして活動しています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Frank_David_Greene

私が考える彼の魅力ポイントとキーワード

私が考える彼の魅力は、

・バンドを牽引する圧倒的に力強いハイノート
・数々の有名なバンドで実績を積んできた安定感のあるリードトランペットとしてのセクションプレイ
・輝かしくきらびやかな音色


だと思います。

彼を表現するキーワードを並べるなら、

・力強いハイノート
・リードトランペット
・ビックバンドジャズ
・輝かしい音
・圧巻のhighG
・Ten of the Best Trumpeter

などがあげられます。

Frank Greeneの名演奏

Night in Tunisia

Night in Tunisia clip

彼を知るきっかけになった演奏です。(たしか高校生の時)

ハイノートをまとめた動画みたいなのが当時流れてきてて、それをひたすら聴いていた時に入っていたカデンツァの部分です。

当時、この方が誰なのかが全く分からなくて検索しようがなくてずっと「すげーハイノートの人」という覚え方をしていたのを覚えています。

音の切り返しや力強いハイノートに、ただただ圧倒される演奏です笑

Manteca

Manteca | Trumpet Summit

こちらはDizzy Gillespie All Star Big bandでの演奏です。

他メンバーがRoy Hargrove、Claudio Roditi、Greg Gisbertという豪華すぎる演奏になっています笑

こちらも圧巻のハイノートプレイを魅せてくれます。 全員音の特色が若干違ってとっても面白い演奏になっています。

My Love

My Love

こちらはVinyl Hampdinというバンドでの演奏です。

貴重なホーンセクションとしてトランペット一本での演奏になっています。 こういう曲でのFrankさんの音はすごく映えてうつります。

最後のエンドノートとか感動ものです笑

アメリカに行った時、ミュージカルを観た機会があったのですが、こういう圧倒的なハイノートで締めるトランペットは格別にかっこいいなと強く思います。

最後に。

今回は、Frank Greene(フランク・グリーン)さんを紹介しました。

高校の時から、彼のハイノートとそのきらびやかで力強い音のファンで、今回記事という形で整理できてとても嬉しい気持ちです。

中々彼の演奏が見つからなかったのは若干残念だったのですが、随時見つけたら更新していきたいと思います。

Frank Greeneの動画保管庫

Night in Tunisia clip

Interview with Frank Greene (Lead Trumpeter)

Otto Sauter & Ten of the Best & Friends: Mac Arthur Park, Feat. Frank D. Greene, Adam Rapa, Tom Reif

Flowers on The Wall

トラ道へのお問い合わせはこちら
公式LINEはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

✉️メールでのお問い合わせはこちらから

こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です