プロプレイヤー紹介

【Till Brönner】’German Chet Baker’、ドイツを代表するジャズトランペッター。

‘German Chet Baker’、ドイツを代表するジャズトランペッター。

今回は、Till Bronner(ティル・ブレナー)さんを紹介します! 1971年、ドイツのViersen(フィアゼン)出身。 13歳でCharlie Parkerに出会い、のちにケルン音楽院でジャズトランペットを学ぶ道に進みました。 1993年にデビューを飾ったアルバム、『Generations of Jazz』は数々の賞を受賞しました。これをきっかけに国際的なジャズミュージシャンたちと一緒に演奏を行い大きく名を広めていきます。 その後もヒット作を多数輩出し、2004年の『That Summer』はドイツのポップスチャートで16位を獲得し、ドイツの歴史上、最も売れたジャズアーティストになりました。 実力・名声共に、ドイツを代表とするジャズトランペッターです!

Till Brönner(ティル・ブレナー)さんの名演奏

Thermo

最初に紹介するのは、Freddie Hubbard(フレディ・ハバード)さんの名曲「Thermo」をWDR BIG BANDと共に演奏した動画です!

最初のテーマ演奏から一気に惹きつけられる名演です! 美しいフリューゲルホルンでのフレージングと柔らかく魅力的な音色で圧倒される演奏を楽しめます。 Brönnerさんの演奏で一番何回も繰り返し聴いてきた大好きな楽曲のうちの一つです!

hr- Bigbandとも演奏しているバージョンがあるのでこちらも是非聴いてみてください!

Estate

次に紹介するのはEstateです! Brönnerさんのトランペットの素晴らしい音色と歌心あふれる存在感あるソロを存分に楽しむことができます。

Chris Bottiさんも彷彿とさせる、まっすぐに芯のある音でありながら表情豊かな色気のある名演です。

">【Chris Botti】全米を代表する、美しい音で魅了するマルチ・プレイヤー

https://xn--9ckjb4erdwc.com/chris-botti/

Till Tomorrow

最後に紹介するのはこちら! 世界観と様々な音色で多彩な表情を魅せてくれる演奏です。(動画内では譜面も貼ってくれています!)

トランペットの音で音楽を成り立たさせる表現が個人的に大好きで、この楽曲でのBrönnerさんの演奏がとっても魅力的でどはまりしました…

わかりやすいトランペットの楽曲ではないのですが、トランペットという楽器の可能性を感じさせてくれる素晴らしい楽曲になっています!

Till Brönner(ティル・ブレナー)さんの動画保管庫

トラ道へのお問い合わせはこちら
公式LINEはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

✉️メールでのお問い合わせはこちらから

こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です