プロプレイヤー紹介

【Avishai Cohen】イスラエルの超絶テクニック。見た目も凄い凄腕player

はじめに。


こんにちは。けんちゃんです。

今回は、イスラエル出身の超絶凄腕player, Avishai Cohen(アヴィシャイ・コーエン)について紹介します。

見た目も凄く、演奏している姿はみているとなんだか神秘的な気持ちにもなりつつ
びっくりするぐらいテクニックがある、本当に尊敬しているplayerです。

※ちなみに、Avishai Cohenで調べると同じく著名なBassistのAvishai Cohenが出てきますが、今回はTrumpeterの方です。(検索するとBassistの方が先に出ます。悔しい)

Avishai Cohen(アヴィシャイ・コーエン)の略歴


1978年、イスラエルの人口第二の都市であるテルアビブ(Tel Aviv)に生まれました。姉妹のAnat Cohen, Yuval Cohenもプロのサックス奏者として活動しています。

参考:http://www.3cohens.com/no_flash.php


8歳からトランペットレッスンをを母親に希望し、10歳からRimon Big Bandで演奏をはじめています。10代のうちにイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団とツアーも行っています。ものすごく早期から演奏キャリアを始めているようです。

バークリー音楽大学を卒業しており、1997年にはセロニアスモンクのジャズトランペットコンペティションで3位を獲得しています。

SF Jazz Collectiveという、個々人が第一線で活躍しているプレイヤーが参加している、8人のパフォーマー/作曲家からなるアメリカのジャズアンサンブルのメンバーとして参加しています。

Avishai Cohen(アヴィシャイ・コーエン)の演奏


Avishai Cohenの素晴らしさは、その演奏技術にあります。
最初に彼の演奏に出会った動画は、North Sea Jazz 2014のライブ演奏です。

ひたすらに彼がフレーズを奏で続けている名演奏です。
ドラムもピアノもビートを刻むシンプルなもので、Avishaiのトランペットの旋律のみで音楽を前に前に進めていく推進力とビート感は物凄い演奏技術です。


次に紹介するのは、ベーシストのOmer Avitalが率いるtrioで演奏された「A Night In Tunisia」です。

Avishaiの演奏の中でも大好きな名演奏で、奏でられるフレーズ一つ一つの推進力やメロディアスなソロは中毒性があります。
リズムチェンジも難なくとばっちしと合わせながら、流れる美しいフレーズを吹き続ける演奏能力は本当に憧れです。。。


続いて紹介したいのは、同じくOmer Avital Quintetの曲である「modern souls of ancient men」という曲です。

ピアノが直接弦を押さえ込んでひしゃげた音を奏でていくソロから始まる不思議な空気の曲です。
フレーズとも言えないトリルの連続からはじまりますが、全楽器がぶつかって闘い合い、物凄い熱量を感じることができます。

4分間にもおよぶAvishaiのSoloは、曲の題名のように壮大なテーマを感じさせるような名演です。
気づいたら最後まで突っ走って聴き入ってしまいます。


最後に紹介するのは、Avishai Cohenが参加していたSF Jazz CollectiveがChick Coreaと共演し、彼の名曲である「Spain」を演奏した動画です。

SF Jazz Collectiveはどの楽器も一流のアーティストが集っているコンボ形式のバンドで、Chick Coreaのソロから始まるこの演奏も素晴らしい名演奏です。

有名なSpainのメインテーマも、楽器それぞれが奏でるフレーズがとても美しいです。ゆったりとしたリズムからのリズムチェンジする所など、感動的です。

Avishaiのソロは7:20~からはじまります。

どうしてこんなにも美しくて魅力的なフレーズが奏でられるのか?と考えさせられる最高の演奏です。

特に8:45~からのフレーズは、鳥肌ものです。。。。

リズム感溢れるフレーズで、バンドを推進していくこのSoloは多くのトランペットプレイヤーに刺激を与えるはずです。

最後に。


Avishai Cohenと出会うことで、技術を磨いていけばトランペットという楽器でSaxを超えるくらい流れるフレーズを奏でられるという事を知ることができました。

Trumpetという楽器は、無限の可能性があります。
世界の第一線で活躍するトランペッターの演奏は必ず刺激になるはずです。

今回紹介していない演奏も、名演が沢山あるので是非探してみてください!

ABOUT ME
けんちゃん
けんちゃん
「トラ道」生みの親。プロ紹介記事は全部私が書いてます。 25歳。慶應大卒。トランペット11年目。 趣味は散歩、サウナ、読書、旅行。高校から吹奏楽でトランペットをはじめ、大学でビックバンドジャズに触れる。全国大会YBBJCでは、2016年東工大ロスガラで3位、2017年慶應ライトで1位を受賞。
こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です