長倉穣司さん

【3/5(終了)】元東フィルTrp奏者の長倉穣司さんをお招きし、Clubhouseセミナーを開催します!【トランペット】

3/5セミナー特設サイトはこちら!

この度、長倉穣司さんをお招きし、音声SNSアプリClubhouse(クラブハウス)にてセミナーを行うことになりました!

セミナーテーマは、「withコロナ時代の楽器との向き合い方」です。

「withコロナ時代の楽器との向き合い方」

日時:2021年3月5日(金) 20:30~

場所:音声SNSアプリClubhouseにて

費用:無料

参加申込:不要(Clubhouseに登録していれば聞くことができます)

メインスピーカー:長倉穣司さん(元東京フィルハーモニー交響楽団 トランペット奏者)

ぜひ、画像を保存してシェアしていただけると幸いです。
Download on the App Store

←Clubhouseのダウンロードはこちらから。(Androidユーザーの皆さんも、全く聞く方法がないわけではありません。ぜひこの記事を最後までお読みください)

ぜひこちらのIDまたは名前でClubhouseから検索し、フォロー+ベルのマークを押して通知オンしておいてくださいね。

開始と同時に、プッシュ通知をお送りします。

どんな内容のセミナーなの?

さて、コロナによって生活様式が一変してから、ちょうど1年が経過してしまいました。

音楽は不要不急なのか?音楽こそ、この閉塞感のある時代に必要な彩りなんじゃないの?

そんなことを、家から出ずに悶々と考えた1年だったのではないでしょうか。

今回お招きする長倉穣司さんも、このコロナ禍で生活だけでなく価値観も一変した、とおっしゃられています。

長倉先生自身、本番の度重なる中止や対面レッスンの減少など、コロナ禍に影響をもろに受けて来た張本人です。

50年以上続けられているトランペットを通して、「人生」そのものを向き合い続けてきた長倉先生だからこそ、今感じる、コロナ時代の楽器の向き合い方について、今回のセミナーで語ってもらおうと思っています。

セミナーの終わり時間は決めておりませんが、20:30から1時間から1時間半ほどを予定しております。

スピーカーとの距離の近さが魅力のClubhouseだからこそ可能な、参加者の会話への積極的な参加や、リアルタイムでいただいた質問や意見をその場で反映したりと、

双方向的なやりとりがたくさん行われるような活気のある時間にできればと思っています。

簡単に、今回のスピーカーである長倉穣司さんのプロフィールを紹介いたします。

長倉穣司さんプロフィール

1952年生まれ。東京都出身。1971年武蔵野音楽大学入学。

4年次在学中に新星日本交響楽団に入団。

1975年同大学卒業後、1990年まで新星日本交響楽団首席トランペット奏者を務める。同時に、宇都宮短期大学および付属音楽高校の講師として後進の指導にもあたっている。

2001年、新星日本交響楽団が東京フィルハーモニー交響楽団と合併し、同楽団団員となる。2012年、同楽団を定年退職。

トランペットを戸部豊、上原桂司、故野崎季義各氏に師事。(公式サイトより引用)

こんな方に聞いてほしいセミナーです。

  • 以前、長倉先生とレッスンなどで関わりがあったけれど、このコロナ禍で直接お会いしてお話しする機会がなかった方。
  • プロアマ問わず音楽の活動していて、こんな今の時代、どのように活動しよう?と悩まれている方。
  • 半世紀以上トランペットと向き合われてきた長倉先生が持つ、トランペットを通した人生の向き合い方を垣間見てみたい方。
  • 長倉先生のようなベテランプレイヤーとのライブ雑談に参加できるという、日本でも例がない貴重な機会に参加してみたいという方。

しかし、セミナー参加にあたり注意点が1つあります。それがこちらです。

【注意】Clubhouseは、完全招待制のSNSのため、誰でも聴けるわけではありません。

ご存知の方はご存知だと思いますが、Clubhouseは完全招待制のアプリです。

ただアプリを落としただけでは聞くことができませんし、そもそもAndroidユーザーですとアプリすら落とすことができません

新たにClubhouseを登録する場合、既にClubhouseを登録している友人に招待してもらう必要があります。

iPhoneをお使いの方で、

「Clubhouse、最近流行してるのは知ってたけど、よく分からないし使う機会もないだろうから登録してなかった」

という方、かなりたくさんいるのではないでしょうか。

ぜひこの機会に、どなたかから招待をもらって登録していただきたく思います。

また、Androidユーザーの方も、聞く方法がないわけではありません

このiPod Touch(第7世代)(2万円ほど)を購入することで、iPhoneを購入するより非常に手軽にclubhouseに登録することができます。

Amazonなどの通販でも間に合いますし、最新機種ですので店舗にてすぐ購入できると思います。

(Clubhouseセミナーは今後も継続する予定ですし、長倉さんのような方の対談セミナーの貴重さはわかっていただけると思います。Androidへのアプリ対応を待たず、ぜひ購入をご検討ください。)
(ちなみに、iOS14搭載のapple製品(ipadなど)であればclubhouseは動作します。)

Androidユーザーが、iPod touchを使ってClubhouseを使う方法の記事がありましたので共有しておきます(外部サイトに飛びます)。

ClubhouseをAndroidで使う方法は?iPad・iPod Touchがあれば大丈夫!

しかし、

そもそも長倉先生とセミナーするに至った経緯は?

なんでまた、聞くハードルが高いClubhouseなんかでセミナーするの?

といった疑問が未だ浮かんでいることと思います。

これ以降は、順を追ってこの疑問について答えていこうと思います。

まずこのセミナーを行うに至った経緯を、長倉先生とトラ道との繋がりも合わせて説明させてください。

なぜ、このセミナーを開催するに至ったか?

長倉先生と「直接」話さないと感じえなかった、絶大なエネルギー。

まずは、長倉先生と僕らとの出会いのきっかけを簡単にお話ししますね。

長倉先生は、自身のホームページ(こちら)に、体系的なトランペットの練習法や練習での考え方をまとめたページを掲載されているんです。

その練習法があまりに「素晴らしい!」とトラ道の運営内で話題になり、ぜひ僕らのサイトで紹介させて欲しい。という1通のメールを送ったのが、きっかけでした。

その時の詳細は、この記事にまとまってますのでぜひご覧いただければと思います(すでに多くの方に読んでいただいています。ありがとうございます!)。

でですね、

今紹介したこちらの記事を書くにあたって、長倉先生の持つ考え方をできるだけそのまま文章でお伝えしたいということで、直接お会いしてお話を伺いに行ったんです。

これが、2020年の年末頃の話です。

そこで気付かされたのが、サイトの文章だけでは到底気づくことができなかった、長倉先生というお方の素晴らしい人間的な魅力だったんです。

トランペットを50年以上続けていれば、それはそれはいろんな紆余曲折があったことは想像に難くないと思うのですが、

実際に聞かせていただいた、プロとして活動してる中で経験した屈辱や、東フィルを定年した後もなぜ愚直にトランペットに向き合っていけているかというお話は想像を絶するものでした。

その長年の経験を経て培われた、トランペットという楽器への向き合い方。ひいては、トランペットを通して、どのように「人生」という誰もが持つテーマと向き合うか

そういった熱いエネルギーを対話を通して受け取ることこそ、長倉先生の良さが一番伝わる方法だということを思わされました。

しかし、そういった熱いエネルギーを持っているにもかかわらず、このコロナ禍の現状で、ごくごく限られた人にしか、この長倉先生の魅力が伝わっていない。

そんな現状を目の当たりにし、1メディアを運営する身として、「このお方の存在を広めなければ、トランペットのメディアを運営する資格はない」という使命感さえ持たされたのです。

おそらく、以前から長倉先生をご存知の方なら、共感していただけるのではないでしょうか。

そして、このコロナ禍で長倉先生と関わりがなくなってしまったことに、何かぽっかり穴が空いた感覚になっている人も少なくないでしょう。

長倉先生「俺はもう定年過ぎたけど、全然人生終わってない。どう自分表現しようか?と思っていた。」

これは、レッスンを受けていた時に長倉さんがおっしゃっていた、この企画のきっかけになった一言です。

その部分をお話されている長倉さんを、動画にさせていただきました。

1分ちょっとの動画ですので、ぜひ見ていただきたいです。

少し文章でも要約してみますと、

“コロナ禍のこの1年だけでも、かなり考え方が変わった”という話から…

「世の中的には俺は定年すぎて余生という感じだけど、俺の中では全然続いているし、生涯トランペットを通じて成長し続けたい。」

「その上で、世界も変わって既成概念も崩れて行くこの世で、自分をどう表現しようか悩んでいたところだった。」

といったことをお話しされています。

僕らトラ道としては、「長倉さんの良さは、文章や出来合いの編集された動画などではなく、リアルタイムの雑談のような喋りの場でこそ発揮される」ことを確信していましたから、

では、ネット上でそのような機会を作ってしまうのはどうか?ということで、この度「ClubhouseというSNSを通じてのライブセミナー」を企画させていただいた、という流れになります。

にしても、この動画を見ていただくだけでも、長倉先生の人柄がひしひしと伝わってきます…。

人によっては、「ああ、長倉先生だ…懐かしい!」「早くお話ししたいなぁ」とお思いの方もいるでしょう。

僕がはじめて長倉先生のサイトを見つけ、文章などから抱いていた長倉さんのイメージは

「結構厳格であまり笑わない、近づき難い硬派な方なのかな?」と本気で思っていたので、

こんなに物腰柔らかく、お喋りが大好きで、笑顔が素敵で時折お茶目なところもあり、それでいて全ての言動や行動に熱い信念があるような、こんな親しみやすく尊敬できるお方だったとは…!

と本当にガラッと印象が変わったんです。

このClubhouseセミナーを企画するにあたってのZoom会議を行ったのですが、

長倉先生にとって全く馴染みのないClubhouseというアプリにも関わらず、「面白そう、やってみよう」と全く拒否や抵抗なく受け入れてくださったところも、本当に素晴らしいお方だなと思わされた部分です。

Zoom会議の様子。
長倉先生の笑顔は、釣られて皆が笑顔になってしまうくらいの魅力だなぁ…と思っています。

そんな長倉先生が語る、セミナーテーマである「コロナ禍でのモチベーションの保ち方」

先程の動画でも触れていましたが、

長倉先生にとって、トランペットは”トータル”なのです。

つまり、トランペット = 人生 だと確信なされて日々過ごしているのです。

これほどかっこいい生き方はあるでしょうか?

あるレッスンの日、長倉先生は、定年の時の本番の写真を見ながら、

「(2012年に東フィルを定年退職した)この時のトランペットの吹き方と、今の吹き方と全然違うんだよ。あの頃の吹き方はあんまり良くないんだ」

とおっしゃったのです。

この一言に、長倉先生のトランペットへの思いが全て詰まっていると言えるでしょう。

あなたは、定年など関係なく、一生涯成長できるような人生のテーマを持っているでしょうか?

仮にあなたが68歳になった時に、長倉先生と同じような信念を胸を張って言える、という自信がありますか?

あなたの人生の全てを貫く一本軸のようなものが、あなたにはありますか?

仕事が義務になってしまったら、趣味が現実逃避にしまったら、人生が暇つぶしになってしまったら…? そんな人生ってどうなのだろう..

と、長倉先生は問いかけてくれているように、僕は思います。

そんな長倉先生の熱い思いの片鱗を、自分の人生というテーマになぞらえて、Clubhouseセミナーで体感していただければと思います。

さて、なぜ、今このご時世に、長倉先生とセミナーをすることになったのか?伝わっていただけてたら嬉しいです。

次に、なぜ、あえてハードルの高いClubhouseという場で発信するのか?という疑問に答えていこうと思います。

なぜ、あえてハードルが高いClubhouse(クラブハウス)でセミナーをするのか?

Clubhouseとは、Twitterの音声版SNSと言われているように、リアルタイムでの複数人の会話を、ラジオ感覚で色んな人が聞くことができるというコンセプトのSNSです。

それに加え、ただ聞くだけでなく会話に気軽に参加することができたり、音声のアーカイブが残らずその場限りのライブ感があったりと、かなり特徴的なSNSなのですが、

Clubhouseの最大の特徴といえば、なんと言っても「完全招待制」なことでしょう。

つまり、すでにClubhouseに登録している人にあなたを招待してもらわない限り、自分のアカウントを作ることができない。つまり、誰の音声も聞けない。という仕様なのです。

ですから、せっかく長倉先生の声を聞きたい!と思っていても、Clubhouseを周りで誰もやっていないと、聞くことすらできないのです。

しかも、このClubhouseというアプリは、Android端末には現状対応していません。iPhoneなどのiOSを持つ端末でしか動作しないアプリになっています。

正直、意味わからないですよね。

「なんで、もっと気軽に、誰でも聴けるような場所でセミナーをしないの?」

「Androidユーザー見捨てる気…?」

「YouTubeとか、みんな簡単に参加できるところでセミナーすればいいのに」

…そう思うのも無理はありません。

しかし、そんなハードルを差し置いてでもClubhouseでやりたい理由があります。

それは、長倉先生と参加者の皆さんの距離感を、直接会話しているくらい極限まで縮めたかったから。です。

長倉先生と参加者の皆さんで、まるで居酒屋の大部屋で雑談してるかのような。そんな空間を作りたかった。

先程説明したように、長倉先生の魅力や想いというのは「その場で直接会話をする」ことで一番伝わると思っています。

実はコロナ禍になる前、よく長倉先生は、門下生の方々と練習後に居酒屋に行って、お酒を飲みながらいろんなことを語り合ったのだそうです。

「今はそういうのできなくなってしまったけど、前までは、居酒屋とかでのなんてことない雑談から面白いアイデアが生まれたり、いい情報共有の場だったんだよねぇ。」と語っていた長倉さんの悲しそうな顔が忘れられません。

なので、長倉さんの願いである「居酒屋の雑談」を、このご時世にどう再現して実現させるか?がこの企画のスタート段階だったりします。

なので、この際だから言ってしまうとですね、

一応セミナーのテーマを「コロナ禍でのモチベーションの保ち方」としていますが、話はじめのとっかかりだけ一応決めているだけで、どんなセミナーの着地をするかは全く決めてません。

参加者の方から質問や意見を仰いで、それに応じて話題を変えていくでしょうし、

そうでなくても勝手に長倉先生はどんどん話題が脱線していくでしょうが、それを軌道修正しようとも思っていません

セミナーに長倉先生の友人や有名な方が来てくれたらその人に話してもらうみたいなハプニングも歓迎したいですし、

これをを考えたときに、Clubhouseこそがぴったりのメディアだったんです。

上にあげたこと、全部可能なんですよ。Clubhouseなら。

これは、他のライブ配信(YouTubeなど)だと、発信者と視聴者の壁が明確すぎて一方通行になってしまうため、実現できない部分だと思っています。

少し無理をしてでも、どうにかClubhouseを登録して頂きたいのです。

聞きたい気持ちが少しはあるけれど、Clubhouseの登録がハードル感じるあなたへ。

もしかしたらあなたは、

「聞きたいけど、Clubhouseに招待してもらうアテがないしなぁ…。」

と思っているかもしれません。

そんなあなたにこそ、長倉先生のセミナーを聞くためだけに、どうにかツテを探して、clubhouseの招待枠を1つ、どなたかから頂いて欲しいと思っています。

長倉先生のようなベテランプレイヤーの考えを聴ける、しかもこれほど近い距離で聴ける機会というのは、今の日本どこを探してもないのではと思っています。

さらに、このセミナーは単発ではなく、第1回セミナーとして継続的に続けていくうちの初回、と捉えていただければと思っています。

この閉塞感のある今の世界で、現実世界の三密を避けつつ、人と密に関われる唯一の方法が、このclubhouseだと思っています。

ぜひ、友人や家族、親戚、お子さんの周りなど、いろんなツテを使ってclubhouseに登録していただきたいと思っております。

もし登録していただいたら、トラ道の方でClubhouseの活用法や、楽しむためのコンテンツは継続的に準備しようと思っております。

また、トラ道側も、長倉先生の運営側も、少しだけ招待枠の余りがあります(記事執筆時点)。こっそりTwitter(@tproad777)のDMまたはお問い合わせに連絡くだされば、まだ間に合うかもしれません。気軽にご連絡ください。

(また、かなり邪道ですが、ヤフオクなどでClubhouseの招待枠が販売されています。責任は負えませんし、招待されるためには見知らぬ相手に電話番号を教えることになります。もちろん非推奨の方法ですが、最終手段として覚えておいてもいいかもしれません。)

3/5の20:30まで、まだ時間は残されていますので、ぜひ登録の準備を済ませ、セミナーをお待ちいただけると幸いです。

Androidで、全くClubhouseを登録する手立てがない方へ。

率直にいうと、Androidユーザーの方には、iPod Touchを購入しそこからClubhouseに登録していただいて、3/5のセミナーに参加していただきたいと本気で思っています。

(iPod Touchの最新機種である第7世代(新品は2万円ほど)とWi-fi、Androidの電話番号があれば、Clubhouseへの登録が可能です。もちろんiPadでも可能です。)

なので、Androidユーザーだからといって、可能性が0な訳ではありません。

ただ、たかが無料アプリに登録するためだけに2万円…?とは思ってしまうでしょう。さすがに安い買い物ではありませんので強制はもちろんできません。

ですが、もしこのセミナーであなたの音楽人生を揺るがす考えを得られる可能性や、長倉先生をはじめその参加者の方との一生涯の関係が築くための投資、と考えれば、

人によってはそこまで高い投資に感じない人もいるでしょう。

Androidは対応していないんだ、流石に2万も払えないな。じゃあ諦めよう。

というふうに考えるのは簡単ですが、逆に、Androidですが聞きたくてセミナー参加しました!という方が現れたら、長倉さんはかなり喜んでいただけるのではないでしょうか。

今後も、よほどのことがない限り、今後の長倉先生との配信は、Clubhouse以外での配信は考えておりませんし、アプリの仕様上アーカイブも残りません。

その場限りの、長倉先生の醸し出す空気を味わうだけでも、価値はあると個人的に考えます。ぜひご検討いただけたらと思います。

最後に、セミナーの概要を簡単におさらいさせてください。

「withコロナ時代の楽器との向き合い方」

日時:2021年3月5日(金) 20:30~

場所:音声SNSアプリClubhouseにて

費用:無料

参加申込:不要(Clubhouseに登録していれば聞くことができます)

メインスピーカー:長倉穣司さん(元東京フィルハーモニー交響楽団 トランペット奏者)

Clubhouseを登録したのち、[長倉穣司]または[joujinagakura]で検索していただければ、こちらのアカウントが表示されます。

こちらのアカウントをフォローして、左のベルのマークを押していただければ、当日配信開始と同時に、通知が行きます。

ぜひ、当日お待ちしております!

当日まで、トラ道のTwitter(@tproad777)や長倉先生のTwitter(@joujinagakura)でも随時セミナーについてのツイートを行なっています。

そちらもチェックしていただけると嬉しいです!

トラ道へのお問い合わせはこちら
公式LINEはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

✉️メールでのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も読まれています