プロプレイヤー紹介

【Bruce Harris】歌心溢れるフレーズで魅了!ハードバップの精神を継いだ実力派プレイヤー。

歌心溢れるフレーズで魅了!ハードバップの精神を継いだ実力派プレイヤー。

今回は、Bruce Harris(ブルース・ハリス)さんを紹介します! 1979年、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身。

13歳でトランペットに出会い音楽キャリアを始める。Charlie Parker(チャーリー・パーカー)や Miles Davis(マイルス・デイヴィス), Clifford Brown(クリフォード・ブラウン)そしてDizzy Gillespie(ディジー・ガレスピー)などにハードバップ期の名プレイヤー達に大きく影響を受けてきたようで、ハードバップ期の精神を引き継いだ軽快で心地よいフレージングからも感じ取ることができます。

現代のジャズシーンの中でも重要なプレイヤーのうちの一人と言われています。

そんな彼の魅力たっぷりな演奏を紹介します!

Bruce Harris(ブルース・ハリス)さんの名演奏

After You’re Gone

最初はこちら!

Bruce Harrisさんのソロは2人目なのですが、1人目のAlto sax奏者Patrick Bartley(パトリック・バートリー)さんのソロも激アツで最初から通しで聴いて欲しい名演です!

軽快で耳に心地よく残るフレーズで魅了してくれます!!!

Do You Know What It Means to Miss New Orleans

次はこちら! New Orleans発祥といわれる、ディキシー調の楽曲での演奏です。

ものすごい演奏の実力を感じさせられる、とっても魅力的な演奏です。初めてこの曲に出会った時に一気に惹きこまれてしまいました…

The Double Up

最後はトリオでの演奏を。 バケットミュートを使った演奏で、美しく表情豊かな音色とフレーズを楽しめます!

直近リリースされているアルバムなどでも色濃く出ているハードバップ期のフレーズで魅せる演奏表現の精神が色濃く出ていて、ソロ楽器としてのトランペットの可能性・魅力を大きく魅せてくれる名演奏だと思います。

Bruce Harris(ブルース・ハリス)さんの動画保管庫

トラ道へのお問い合わせはこちら
公式LINEはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

✉️メールでのお問い合わせはこちらから

こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です